活動報告

【2017年度】

≪シンポジウム・学会・研究会など 

 ▶ Rowan Flad 教授(Harvard University)の講演会をお茶の水女子大学にて開催しました

 日 時 : 2017年4月16日(日) 13:30~16:00

 題 目 : 「Urbanism as Technology in Early China」

当日は、休日にもかかわらず、多くの方にご参加いただきました。なかなか日本では聞く機会のないアメリカにおける中国考古学研究の最前線についてお話しいただきました。

また、講演後には質疑応答の時間を設け、講演内容や本領域との関連などについて意見交換を行いました。

DSC_254800.jpg  DSC_2542.jpg

   

≪会議

 ▶ 第8回総括班会議

     日時:2017年4月16日(日) 10:00~12:00

     会場:お茶の水女子大学

  

【2016年度】

≪調査≫

 ▶  本領域の海外研究協力者である浙江省文物考古研究所の王海明副所長、孫国平研究員を招聘しました

    日時:2016年5月26日~6月1日

    訪問先:金沢大学、石川県埋蔵文化財センター、小松市埋蔵文化財センター、千葉県立中央博物館

加曾利貝塚博物館、千葉市埋蔵文化財センター など

    活動内容:

期間中には、金沢大学、石川県埋蔵文化財センター、小松市埋蔵文化財センター、千葉県立中央博物館、加曾利貝塚博物館、千葉市埋蔵文化財センターなどを訪問しました。主に、今後、浙江省で調査予定の貝塚遺跡の調査方法や出土遺物の整理方法について、日本人研究者と交流を行いました。また、金沢大学文化資源学セミナー、日本中国考古学会関東部会で先生方がご講演を行いました。

    IMG_0837.JPG  IMG_08433.jpg

 

 ▶  夏季コア期間調査を行いました

    日時:2016年9月12日~9月25日

    訪問先:浙江省文物考古研究所、田螺山遺址現場館、良渚遺跡工作站、嘉興市博物館など

    活動内容:

メンバー全体が可能な限り参加するコア期間調査を行い、良渚遺跡群と田螺山遺跡に分かれ、調査を行った。良渚遺跡群では動物考古班が主に作業を行い、出土動物骨の同定・整理などを進めた。田螺山遺跡では木器の整理・実測、土器の使用痕観察、土壌ボーリング調査、3Dスキャナーによる遺物記録、動植物遺存体の整理など、幅広い調査を行った。

また、本年度は初めての試みとして、「第1回田螺山キャンプ」を行った。今回は、日本の東京大学、アメリカのスタンフォード大学、中国の北京大学より各1名ずつの若手研究者が参加し、田螺山遺跡で様々な研究手法を学び、研究交流を行った。本領域の研究を深化するうえでも、非常に有益な時間を得ることができた。

   P9150117.JPG P9170140.JPG

 

   P9220207.JPG P9160129.JPG

 

≪シンポジウム・学会・研究会など

 ▶ SEAA 7th WORLDWIDE CONFERENCE IN BOSTON

    日時:2016年6月8-12日

    会場:Boston, USA

本領域では「Food and society in Prehistoric East Asia: New Frontiers of Transdisciplinary Approaches towards Ancient Culinary Culture」のテーマでセッションを開き、世界各国から参加した多くの研究者に本領域の意義と成果を紹介しました。

   IMG_5401.JPG  IMG_5467.JPG

  

 ▶ 「日中合同 総合稲作文明学シンポジウム」を開催しました

    日時:2016年9月13日 13:00-17:30

    会場:中国杭州市(潮王ホテル内会議室)

日中共同で行っている本領域に関わる研究成果について報告を行い、相互に検討を行いました。

日本側からは、各計画研究の代表者が研究の進捗と成果について発言し、中国側からは孫国平、蒋楽平、王寧遠の各研究員が河姆渡文化から良渚文化にかけての最新の調査情報を紹介しました。

また、それに先立ち、日中共同研究の協議書の調印式を行いました。

   P9130016.JPG  P91300mmm09.jpg

  

 ▶ 金沢大学文化資源学セミナー「文明と王権」公開講演会を共催しました

    日時:2016年10月27日(木)13:00~14:30

    会場:金沢大学角間キャンパス北地区 人間社会第1講義棟201号教室

 

 ▶ 本領域の企画展≪「魚米之郷」の考古学≫(2016年11月2日~12月4日)を開催しました

期間中には、研究者をはじめ多くの一般の方々にもご来場いただきました。心より感謝申し上げます。

加えて、本展示について京都新聞(2016.11.18)で紹介していただきました。

   DSC_1489.JPG  DSC_1492.JPG

  

 ▶ 本領域で招聘した張頴講師(北京大学)に≪「魚米之郷」の考古学≫講演会で講演していただきました

日時:2016年11月20日(日)

会場:滋賀県立琵琶湖博物館会議室

また、来日中には本科研の主要調査遺跡である田螺山遺跡との比較研究も兼ねて、石川県真脇遺跡などで資料調査を行いました。

 DSC_1481.JPG  IMG_1045.JPG

  

 ▶ 本領域で招聘した趙輝教授(北京大学)の講演会を開催しました

日時:2016年12月12日(月)13:30~14:30

会場:金沢大学角間キャンパス北地区 人間社会第1講義棟2階 205講義室

講演会は金沢大学国際文化資源学研究センター、超然プロジェクトと共催し、金沢大学にて文化資源学フォーラムの一環として開催しました。

 IMG_1078.JPG

  

▶ 総合稲作文明学シンポジウム「長江流域における文明形成―考古学と関連科学の最前線ー」を開催しました

 日 時 2017年3月18日(土) 13:00~17:00

 会 場 東京大学浅野キャンパス武田先端知ビル5F 武田ホール

年度末にもかかわらず、多くの方にご来場いただきました。

中国より招聘した方勤氏(湖北省文物考古研究所)と林留根氏(南京博物院考古研究所)からは、特に良渚文化の広がりや影響関係を考えるうえで重要な最新の発掘成果についてご発表いただきました。今後は共同研究に向けての取り組みを進める予定です。

 P3180072.JPG  P3180045.JPG

 

≪会議

 ▶ 第4回総括班会議・第1回国際活動支援班会議

    日時:2016年4月23日(土) 13:30~16:30

    会場:金沢大学東京事務所

 

 ▶ アドバイザリーボード委員会

    会場:金沢大学東京事務所

    日時:2016年5月21日(土) 14:00~17:00

    ※本領域の研究活動について、客観的な視点から外部評価を行っていただきました。

IMG_0831.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

  

 ▶ 第5回総括班会議・第2回全体会議

    日時:2016年8月26日(金) 10:00~12:00

    会場:金沢・金沢市文化ホール 大会議室

  

 ▶ 第3回全体会議

    日時:2016年8月26日(金) 13:00~16:30

    会場:金沢・金沢市文化ホール 大会議室

※領域代表の中村慎一教授に「稲作、文明、都市、国家」の題目で本研究の核となる概念について、改めてご発表いただきました。また、各計画研究代表者の先生方には、当初の目的からの進捗状況と今後の研究方針について再確認していただき、領域全体で今後の進むべき方向性を改めて共有することができました。

s_DSC_0076.JPG s_DSC_0049.JPG

 

▶ 第6回総括班会議

     日時:2016年12月3日(土) 13:00~15:30

     会場:金沢大学東京事務所

  

  ▶ 第7回総括班会議

     日時:2017年3月18日(土) 10:00~12:00

     会場:東京大学総合研究博物館

 

▶ 第4回全体会議

     日時:2017年3月19日(日) 10:00~17:00

     会場:東京大学・山上会館

会議では、各計画研究および公募研究の2016年度の成果について、発表が行われました。各メンバーの最新の研究状況に関する情報交換だけではなく、そこからいかに研究成果を融合していくのかについて議論が行われました。合わせて、今後の研究方向や計画についても、周知が行われました。

**



**

【2015年度】

≪調査≫

 ▶  期 間 :2015年9月12~25日

    訪問先 :浙江省文物考古研究所、田螺山遺跡現場館、河姆渡遺址博物館、良渚博物院および遺跡群 など

    活動内容:

A01~05班ともに田螺山遺跡現場館および河姆渡遺博物館にて分析資料の確認および実見調査、遺跡周辺踏査を行う。良渚遺跡群では資料調査と合わせ、近年発見されたダム遺構である崗公嶺遺跡の踏査を行う(詳しくは➡中村慎一「良渚遺跡群研究の新展開」)。

 ▶  期 間 :2015年11月1~7日

    訪問先 :復旦大学生命科学学院、良渚遺址群、蕭山博物館、跨湖橋遺址博物館、田螺山遺址現場館

    活動内容:

A02班を中心に、復旦大学生物多様性与生態工程教育部実験室への訪問。良渚遺跡群、跨湖橋遺跡と田螺山遺跡、卞家山遺跡出土動物骨の確認、整理作業(➡調査風景)。

 ▶  期 間 :2015年11月28~12月4日

    訪問先 :良渚遺跡群

    活動内容:

A04班の宇田津、田崎を中心に、これまで中国側と共同で進めてきた水田址探査結果にもとづき、浙江省文物考古研究所が実施した荀山遺跡北側における試掘調査に参加した。まだ、分析等は途中であるが断面観察から、良渚文化期の2つの時期の水田層が包含されていることが確認できた。

 ▶  期 間 :2016年2月26~3月10日

    訪問先 :

浙江省文物考古研究所、田螺山遺跡現場館、河姆渡遺址博物館、良渚博物院および遺跡群、広富林遺跡

    活動内容 :

A01~04・05班が調査に参加し、田螺山遺跡の土器・玉器・木器の調査、土壌の水洗選別、炭化物や動物・魚骨のサンプリングを行う。良渚遺跡では動物骨の整理、遺跡および周辺地形の踏査を行う。

                       調査1.gif      調査2.gif

 

≪シンポジウム・研究会など (詳細は「イベント」をご確認ください)

 ▶ 研究計画A03班 中央民族大学龍春林教授招聘 ミニシンポジウム

    日時:2016年1月30日(土) 13:30~16:30

    会場:お茶の水女子大学

 ▶ 国立市公民館講演会 細谷葵氏 「日本と世界の食文化~食べ物から学ぶ世界地図~」

    日時:1月31日(日) 14:00~16:00

    場所:国立市公民館

 ▶ 「稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築」キックオフシンポジウム

    日時:2016年3月20日(日) 9:30~15:30

    会場:奈良教育大学

シンポ写真1.gif      シンポ写真2.gif          

 

≪会議

 ▶ 第1回総括班会議・第1回全体会議

    日時:2015年8月21日(金) 10:00~17:00

    会場:金沢・しいのき迎賓館3階セミナールームA

 ▶ A05班会議

    日時:2015年10月12日(月・祝) 12:00~13:15

    会場:東京・産業技術総合研究所

 ▶ 第2回総括班会議

    日時:2015年10月26日(月) 13:30~16:00

    会場:金沢大学東京事務所

 ▶ 第3回総括班会議

    日時:2016年1月24日(日) 13:00~16:00

    会場:金沢大学東京事務所

 ▶ 第2回全体会議

    日時:2016年3月19日(土) 10:00~17:00

    会場:奈良教育大学