研究組織

計画研究A05

高精度年代測定および稲作農耕文化の食生活・健康への影響評価 ➡ 計画研究HP
・研究代表者:米田穣

本研究計画では、稲作の開始がヒトに与えた影響を、自然人類学と考古科学の手法で明らかにします。①古人骨の化学分析(タンパク質の炭素・窒素同位体分析、アミノ酸の窒素同位体分析)、②人骨の形態学的分析による古人口復元と健康評価(口腔病理、エナメル質減形成、四肢病変)、②歯石の残存デンプン粒分析、④炭化米・土器付着炭化物の化学分析(窒素・酸素・ストロンチウム同位体分析、脂質分析)による水稲利用の復元、を実施します。古人骨の分析は、個人の生活に係わる情報を抽出することができるので、集団における個人差に着目して社会の複雑化と稲作文明の発展について検証することが可能です。また、本研究で新たに分析手法を開発する炭化米の化学分析は、米の栽培範囲やその社会的役割の時代変遷を明らかにできると期待されます。

さらに、本研究では微量分析が可能な加速器質量分析(AMS)を活用して、遺跡から出土した木炭などに加え、人骨資料でも系統的に放射性炭素年代測定を行い、出土コンテキストに基づくベイズ解析を実施して、環境変動と社会や生業の変化について検証する計画です。

米田 穣 (研究代表者) 研究の統括、年代測定、人骨と炭化米の化学分析
岡崎 健治 (研究分担者) 古人骨による人口復元、口腔病理、古病理
澤田 純明 (研究分担者) エナメル質減形成からみた栄養ストレス
渋谷 綾子 (研究分担者) 歯石の残存デンプン粒分析
宮田 佳樹 (研究分担者) 土器付着炭化物の脂質分析
申 基澈 (研究分担者) 炭化米におけるストロンチウム同位体比測定の技術開発
足立 和隆 (連携研究者) 骨病変に関する機能形態学的な解析
近藤 康久 (連携研究者) GISによる空間データ解析
Oliver Craig (海外共同研究者) 脂質分析の方法開発
高椋 浩史 (研究協力者) 古人骨の骨盤形態
米元 史織 (研究協力者) 古人骨四肢骨の病変
板橋 悠 (研究協力者) GC-C-IRMSを活用した古人骨・動物骨・土器付着物の分析