研究成果

計画研究A01

【2016年度】

学会発表・講演など

QIN Xiaoli, Inter-regional Relationships in the Hemudu Culture tu Liangzhu Culture Periods: View from the Distribution Pattern of Beads in East China, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

秦小麗、試論新石器時代黄河中游地区出土的長江系玉器、早期石城和文明化進程ー中国陝西神木石峁遺址国際学術研討会ー、2016年8月17日、陝西省(中国)

KOBAYASHI Masashi, KUBOTA Shinji, SUN Guoping, WANG Yonglei, Cooking Pottery Use-wear Analyses to Reconstruct Rice Cooking Methods of Early Rice Faemers in Japan and Middle China, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

久保田慎二、中国初期王朝時代における階層構造とその成立過程、文化資源学フォーラム、2016年6月28日、金沢大学(石川県・金沢市)

久保田慎二、従陶器看陝北地区考古文化与陶寺文化的関係、早期石城和文明化進程ー中国陝西神木石峁遺址国際学術研討会ー、2016年8月17日、陝西省(中国)

【2015年度】

論文・報告書など

中村慎一、良渚文化期の農業と良渚遺跡群、宇田津徹朗 編『長江下流域における基盤整備型水田の成立期に関する学際的研究』平成24年度~平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(B)国際学術調査)成果報告書、2016年

Qin Xiaoli, Turquoise Ornaments and Inlay Technology in Ancient China, Asian Perspectives: The Journal of Archaeology for Asia and the Pacific, Vol. 55, 2016, pp. 1-39(査読有)

久保田慎二、劉荘遺跡からみた下七垣文化の社会構造、東京大学考古学研究室研究紀要、第30号、2016年、33-67頁

学会発表・講演など

中村慎一、物質文化の変遷と社会の複雑化、稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築- キックオフシンポジウム、2016年3月20日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

秦小麗、黄河流域の早期青銅時代における王権シンポル、金沢大学資源学セミナー公開研究会、2015年11月15日、金沢大学(石川県・金沢市)

秦小麗、二里頭時代の地域間動態関係とその背景、玉器と王権の誕生、2016年3月1-3日、香港(中国)

槙林啓介、稲作伝播論の再検討―広範囲経済と稲作専業経済の視点から―、第70回近江貝塚研究会、2016年3月26日、滋賀県立埋蔵文化財センター(滋賀県・大津市)

久保田慎二、中国新石器時代末期から初期王朝時代における権力の出現過程、早稲田大学総合人文科学研究センター主催シンポジウム『権力の誕生−儀礼・祭祀からみる古代文明形成の考古学的アプローチ−』、2016年2月20日、早稲田大学(東京都・新宿区)

計画研究A02

【2016年度】

学会発表・講演など

OBATA Hiroki, What do seed and Insect Impression / Cavities on Pottery Tell us ?, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

菊地大樹、中国新石器時代長江下流域における動物利用の変遷、日本動物考古学会第4回大会、2016年6月18‐19日、鳥取市青谷町総合支所(鳥取県・鳥取市)

【2015年度】

論文・報告書など

黒住耐二、貝類遺体に関する追加報告、東名遺跡群(佐賀市埋蔵文化財調査報告書)、2016年

黒住耐二、東名遺跡の貝類利用、東名遺跡群(佐賀市埋蔵文化財調査報告書)、2016年

学会発表・講演など

金原正明・中村慎一・鄭 雲飛・金原正子、長江下流域の初期稲作文明における植物遺体群集の基礎的研究、日本文化財科学会第32回大会、2015年7月12日、東京学芸大学(東京都・小金井市)

金原正明・田崎博之・丸山真史・菊地大樹・金原美奈子・金原正子、中国の新石器時代における古環境変遷と初期栽培植物の研究展開および基礎的研究、第30回日本植生史学会大会、2015年11月7日、北海道博物館(北海道・札幌市)

金原正明、古環境の変遷と動・植物利用の諸段階、稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築- キックオフシンポジウム、2016年3月20日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

黒住耐二、中国・浙江省の田螺山遺跡調査でみた貝類、第13回房総貝類談話会、2015年10月17日、千葉県立中央博物館(千葉県・千葉市)

丸山真史、日本における動物考古学の現状、文化財技術研究会第一回講演・研修会、2015年10月3日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

菊地大樹、中国における動物考古学の現状、文化財技術研究会第一回講演・研修会、2015年10月4日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

計画研究A03

【2016年度】

学会発表・講演など

Leo Aoi HOSOYA, Processing, Storage and Symbolism of Wild Nuts in the Past and Present: Comparative Ethnoareobotanical Studies of East Asia and USA, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

KOBAYASHI Masashi, KUBOTA Shinji, SUN Guoping, WANG Yonglei, Cooking Pottery Use-wear Analyses to Reconstruct Rice Cooking Methods of Early Rice Faemers in Japan and Middle China, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

Ayako Shibutani, Guoping Sun, Jie Chen, Jian Song, Eating Rice or Acorns? Starch Evidence of Neolithic Human Dental Calculus in the Lower Yangtze Region, China, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

【2015年度】

論文・報告書など

細谷葵、先史時代の堅果類加工再考‐世界的な比較研究をともなう民族考古学をめざして、古代、第138号、2016年、1-38頁(査読有)

Leo Aoi Hosoya, Traditional Raised-Floor Granary and Rice Production Cycle in Bali: Past, Present, and Future of Balinese Agriculture, Alternative Crops and Cropping Systems, InTech

楊平、環境の継続的保全は何で決まるのか : 資源利用から考える、日中社会学研究、第23号、2015年、8-14頁(査読有)

学会発表・講演など

Leo Aoi HOSOYA(細谷葵).Reconstructing Food Culture and the Society: The frontiers of archaeobotany and ethnoarchaeology of East Asian Neolithic.Evolutionary Biology Forum(進化生物学論壇 第54期).Sep,2015.Institute of Botany,The Chinese academy of sciences(中国科学院植物研究所),Beijing.

細谷葵、野生植物食利用に関する民族調査の意義と課題~国際的な比較研究に向けて~、特別講演会「伝統知・植物利用・食 in 東アジア」ミニシンポジウム「中国と日本の食の伝統」、2016年1月30、お茶の水女子大学(東京都・文京区)

Leo Aoi Hosoya, Oki Nakamura, Shinji Seguchi, Auako Shibutani, Japanese Jomon Hunter-Gatheres'Subsistence and Society: Chronological shifts in subsistence strategies on the basis of local characteristics of north Tohoku area. The 11th Conference on Hunting and Gathering Societies, 9th, Sep, 2015, (オーストリア、ウィーン大学)

細谷葵、民族考古学と化学分析からさぐる生業活動の諸相、稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築- キックオフシンポジウム、2016年3月20日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

計画研究A04

【2016年度】

学会発表・講演など

KAMIJO Nobuhiko, Research on Macrobotanical Remains of the House Chestnuts and Manchurian Walnuts from a Waterlogged Site of the Latter Half of the Jomon Period in Northeastern Japan, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

TANAKA Katsunori, Shifting of seed Morphology and DNA Variation in Japanese Rice, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

【2015年度】

論文・報告書など

宇田津徹朗・浦谷綾香、プラント・オパール分析法を用いた良渚遺跡群における水田遺構探査、宇田津徹朗 編『長江下流域における基盤整備型水田の成立期に関する学際的研究』平成24年度~平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(B)国際学術調査)成果報告書、2016年、5-64頁

田崎博之・松田順一郎・宇田津徹朗、秋津遺跡第7-3次調査区南部東端における水田遺構構造の検討、奈良県遺跡調査概報―2014年度―、2016年、153-158頁

田崎博之、良渚遺跡群における環境変遷と水田探査、長江下流域における基盤整備型水田の成立期に関する研究(平成24年度~平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(B)国際学術調査)研究成果報告書)、2016年、65-86頁

Hao Y., M. Akimoto, R. Kaewcheenchai, M. Sotowa, T. Ishii, R. Ishikawa, Inconsistent diversities between nuclear and plastid genomes of AA genome species in the genus Oryza. Genes Genetic Systems. 2016 Mar 23;90(5), pp.269-81. doi: 10.1266/ggs.14-00063. Epub 2015 Dec 18.(国際共著、査読有)

上條信彦、使用痕・残存デンプン分析および蛍光エックス線分析からみた小山崎遺跡検出の石皿・磨石類の機能と用途、小山崎遺跡発掘調査報告書-総括編-、2015年、488-496頁

Katsunori Tanaka, Nobuhiko Kamijo, Hiroaki Tabuchi, Kuniko Hanamori, Ryuji Matsuda, Junko Suginomori, Yo-Ichiro Sato, Tetsuro Udatsu, Ryuji  Ishikawa, Morphological and molecular genetics of ancient remains and modern rice (Oryza sativa) confirm diversity in ancient Japan, Genetic Resources and Crop Evolution,Vol.63, 2016, pp.447-464(First online: 11 July 2015)(査読有)

学会発表・講演など

宇田津徹朗・田崎博之・中村慎一・金原正明・小柳美樹・藤原宏志・浦谷綾・李小寧・劉斌・王寧遠・鄭雲飛、東アジアにおける基盤整備型水田の成立期に関する実証的研究(第2報)、日本文化財科学会第32回大会、2015年7月11日・12日、東京学芸大学(東京都・小金井市)

田中克典・宇田津徹朗、プラント・オパールからのDNA復元、日本文化財科学会第32回大会、2015年7月11日・12日、東京学芸大学(東京都・小金井市)

宇田津徹朗、イネの栽培化と植物質食料資源の開発、稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築- キックオフシンポジウム、2016年3月20日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

石川隆二、日本人が受容したイネ、日本育種学会市民公開シンポジウム「作物の起源と人が育てた栽培植物 ―研究と探索からの日本の食と花文化再考―第128回秋季大会、2015年9月13日、新潟大学(新潟県・新潟市)

Noriko Tamura, R. Henry, Katsuyuki Ichitani and Ryuji Ishikawa, Endemic Oryza species in Australia as breeding resources to improve grain size. AgroTrop2015. 16-20, Nov, 2015, Australia(Brisbane)

菅原魁人・加東未来・島田美理・一谷勝之・石川隆二、他種が同所的に生息するオーストラリア野生イネ集団における異質な個体の形質評価、日本育種学会東北育種研究集会、2015年11月14日、東北大学(宮城県・仙台市)

山森晃一・田村紀子・石川隆二、カンボジア野生イネ遺伝資源の多様性評価、日本育種学会東北育種研究集会 、2015年11月14日、東北大学(宮城県・仙台市)

上條信彦、形態・考古DNA分析からみた稲作の歴史的変遷、日本中国考古学会第69回九州部会、2015年7月4日、九州大学(福岡県・福岡市)

上條信彦、亀ヶ岡文化の漆製品とその製作技術、考古学講座(3)、2015年7月11日、八戸埋蔵文化財センター 是川縄文館(青森県・八戸市)

片岡太郎・鹿納晴尚・佐々木理・上條信彦、X線CT分析による秋田県南秋田郡五城目町中山遺跡出土竪櫛の製作技術、日本文化財科学会第32回大会、2015年7月12日、東京学芸大学(東京都・小金井市)

田中克典、上條信彦、出土米の形状分析からみた日本におけるイネ品種の展開、日本文化財科学会第32回大会、2015年7月12日、東京学芸大学(東京都・小金井市)

日本文化財科学会第32回大会,日本文化財科学会,東京学芸大学,20150711,八郎潟沿岸域における縄文後半期の植物利用,上條信彦

Kamei, Tsubasa; Kamijo, Nobuhiko; Koiwa, Naoto, Geoarchaeological investigations at the late to final Jomon site of Nakayama, Northern Japan, 国際第四紀学連合第19 回大会 XIX INQUA Congress 2015, 26th, July, 2015, 名古屋国際会議場(愛知県・名古屋市)

AHN, Sohyeon; Kamijo, Nobuhiko, Late Holocene vegetation and human activities at the Nakayama archaeological site, Akita, northern Japan, 国際第四紀学連合第19 回大会  XIX INQUA Congress2015,26th, July, 2015, 名古屋国際会議場(愛知県・名古屋市)

上条信彦、从DNA·形态分析来看出土稻米品种研究、考古学系列讲座、2015年9月23日、山東省済南市(中国)

片岡太郎・上條信彦・佐々木由香・鹿納晴尚・佐々木理、X線CTによる籃胎漆器の製作技法と素材同定に関する研究、第30回日本植生史学会大会、2015年11月7日、北海道博物館(北海道・札幌市)

上條信彦、アスファルトの自然科学分析ついて、第6回アスファルト研究会、2015年11月28日、新潟県埋蔵文化財センター・新潟市文化財センター(新潟県・新潟市)

上條信彦・田中克典、趙家庄遺跡の炭化米分析と王家村遺跡の石器使用痕分析、第70回日本中国考古学会九州部会,2016年2月20日、九州大学(福岡県・福岡市)

計画研究A05

【2016年度】

学会発表・講演な

OKAZAKI Kenji, H. TAKAMOKU, M. YONEDA, H. KIKUCHI, S. YONEMOTO, T. TOMITA, T. NAKAHASHI, J. CHEN, J. SONG, A Paleopathological Approach to the Study of Neolithic Human Skeletal Remains Unearthed from the Guangfulin Site in the Shanghai City, Seventh Worldwide Conference of the SEAA (Society for East Asian Archaeology), 2016年6月11日, Boston University

【2015年度】

論文・報告書など

Someda, H., T. Gakuhari, J. Akai, Y. Araki, T. Kodera, G. Tsumatori, T. Kobayashi, S. Matunaga, S. Abe, M. Hashimoto, M. Saito, M. Yoneda and H. Ishida., Trial application of oxygen and carbon isotope analysis in tooth enamel for identification of pos-war victims for discriminating between Japanese and US soldiers. Forensic Science International. 印刷中(査読有)

Yoneda, M. T. Gakuhari, T. Omori, H. Ozaki, H. Matsuzaki, S. Ito, and K. Kobayashi., Carbon and nitrogen stable isotope ratios and radiocarbon ages on the skeletal remains from Daram uul and Tevsh sites of the Bronz Age Mongolia.

Horiuchi, A., Miyata, Y., Kamijo, N., Lucy, C. and R. P. Evershed. A dietary study of the people of the Kamegaoka culture during the Final Jomon period, Japan, using stable isotope and lipid analyses of ceramic residues. Radiocarbon, 57, 2015,721-736. (査読有)

Miyata, Y., Horiuchi, A., Kondo, M., Onbe, S., Yoshida, K., Nagao, S., Paleo Labo AMS Dating Group and Nishimoto, T. Comprehensive study of marine reservoir effects deduced from radiocarbon dates on pottery residues, bones, and molluscan shells from the Hamanaka 2 archaeological site, Hokkaido, Japan. Radiocarbon. 投稿中(査読有)

宮田佳樹・南雅代・中村俊夫、八日市地方遺跡出土動物遺体の炭素年代測定と安定同位体分析、八日市地方遺跡Ⅱ3分冊、2016年、238-245頁

宮田佳樹、八日市地方遺跡出土木材の炭素年代測定結果、八日市地方遺跡Ⅱ3分冊、2016年、246-247頁

宮田佳樹、八日市地方遺跡出土土器の炭素年代測定結果、八日市地方遺跡Ⅱ3分冊、2016年、248-252頁

Takashi Gakuhari, Hajime Komiya, Junmei Sawada, Tomoko Anezaki, Takao Sato, Kenichi Kobayashi, Shigeru Ito, Koichi Kobayashi, Hiroyuki Matsuzaki, Kunio Yoshida, Minoru Yoneda. Radiocarbon dating of a human remains and dog burials from the Kamikuroiwa rockshelter. Anthropological Science. 123. pp. 87-94.(査読有)

Taichiro Ishige, Takashi Gakuhari, Kei Hanzawa, Tomohiro Kono, Indra Sunjoto, Jum Rafiah Abdul Sukor, Abdul Hamid Ahmad and Hisashi Matsubayashi (2015). Complete mitochondrial genomes of the tooth of a poached Bornean banteng (Bos javanicus lowi; Cetartiodactyla, Bovidae). Mitchondria DNA. 10.3109/19401736.2015.1033694. (査読有)

Someda, H., Gakuhari, T., Akai, J., Araki, Y., Kodera, T., Tsumatori, G., Kobayashi, Y., Matsunaga, S., Abe, S., Hashimoto, M., Saito, M., Yoneda, M., Ishida, H. (in print) Trial application of oxygen and carbon isotope analysis in tooth enamel for identification of past-war victims for discriminating between Japanese and US soldiers, Forensic Science International (査読有)

覚張隆史、歯エナメル質の炭素安定同位体比に基づく三ツ寺Ⅰ・Ⅱ遺跡出土馬の食性復元、動物考古、32、2016年、25-37頁(査読有)

覚張隆史・植月学、山梨県遺跡出土馬の歯エナメル質の同位体生態学に基づく飼育形態の復元、山梨県考古学協会誌、24号、2016年

青柳泰介・覚張隆史・丸山真史、南郷大東遺跡から出土した馬歯の化学分析~安定同位体分析による食性および生育環境の復元の試み~、青陵、146号、2016年、1-3頁

覚張隆史、大県遺跡から出土した馬歯の多元素同位体分析、大県遺跡発掘報告書、2016年、197-202頁

丸山真史・覚張隆史、吉田南遺跡出土の動物遺存体~ウマ遺存体の分析を中心に~、吉田南遺跡発掘報告書、2016年

Yasuhisa Kondo、An ecological niche modelling of Upper Palaeolithic stone tool groups in the Kanto-Koshinetsu region, eastern Japan、第四紀研究、54巻5号、2015年、207-218頁(査読有)

学会発表・講演など

米田穣・孫国平、中国浙江省田螺山遺跡における新石器時代の動物とヒトの炭素・窒素同位体比分析、日本動物考古学会第3回大会、2015年7月4日、奈良文化財研究所(奈良県・奈良市)

米田穣・中村慎一・金原正明・細谷葵・宇田津徹朗、新学術領域研究「稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築-」における第四紀学の応用と展開、日本第四紀学会2015年大会、2015年8月29・30日、早稲田大学(東京都・新宿区)

Yoneda, M., T. Omori, H. Ozaki, K. Yoshida., New AMS facility in an exhibition hall of UMUT. 6th East Asia Accelerator Mass Spectrometry Symposium, 7th Oct, 2015, Taipei(Taiwan).

米田穣・孫国平・丸山真史・菊地大樹・松井章、中国浙江省田螺山遺跡における新石器時代のヒトと動物の炭素・窒素同位体比、第69回日本人類学会大会、2015年10月11日、産業総合研究所臨海副都心センター(東京都・江東区)

米田穣、高精度年代測定および稲作農耕文化の食生活・健康への影響評価、稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築- キックオフシンポジウム、2016年3月20日、奈良教育大学(奈良県・奈良市)

岡崎健治・高椋浩史・米田穣・菊池大樹・陳傑・宋建、 新石器時代長江下流域における考古人類学的研究、考古学研究会 岡山7月例会、2015年7月11日、岡山大学(岡山県・岡山市)

岡崎健治・米田穣・高椋浩史・菊池大樹・中橋孝博・陳傑・宋建、上海市広富林遺跡の新石器時代人骨、第69回日本人類学会大会、2015年10月12日、産業技術総合研究所臨海副都心センター(東京都・江東区)

澤田純明・李珍・黄云忠・黄強・久保田慎二・深山絵実梨・渡辺慎也・山形眞理子・Nguyen Lan Cuong・洪曉純・松村博文、中国広西邕江域の先史時代遺跡から出土した採集狩猟民の古病理学的特徴、第69回日本人類学会大会、2015年10月10-12日、産業技術総合研究所臨海副都心センター(東京都・江東区)

渋谷綾子、人骨の歯石の残存デンプン粒から食生活を探る、第30回日本植生史学会大会、2015年11月7・8日、北海道博物館(北海道・札幌市)

Miyata, Y., Minami, M., Nakamura, T., Shimohama, T., Nagao, S., Tada, Y., Sano, T. and Nakatsuka, T. ,Comprehensive study of reservoir effects deduced from radiocarbon dates on archaeological remains from the Youkaichijikata site, Ishikawa, Japan. 22nd International Radiocarbon Conference, 17th Nov, 2015, Dakar(Senegal).

宮田佳樹・南雅代・下濱貴子・長尾誠也・多田洋平・佐野雅規・中塚武・中村俊夫、動物骨の放射性炭素年代と安定同位体組成からみる水稲農耕展開期の北陸地方の遺跡環境―八日市地方遺跡を例として―、第1回名古屋大学宇宙地球環境研究所シンポジウム、2016年1月29日、名古屋大学(愛知県・名古屋市)

覚張隆史・石毛太一郎・菊地大樹・鶴間和幸・丸山真史・太田博樹・河野友宏・半澤恵、東アジア遺跡出土馬の古DNA分析における方法論的改善とその応用、日本ウマ科学会学術集会、2015年12月2日、東京大学(東京都・文京区)

石毛太一郎・覚張隆史・半澤恵・松林尚志、密猟されたボルネオバンテンの歯髄から完全長ミトコンドリアDNAの決定、第63回 日本生態学会、2015年3月20-24日、仙台国際センター(宮城県・仙台市)

覚張隆史・丸山真史、古墳時代における馬の飼育形態の復元~同位体生態学的アプローチから~、第5回 同位体環境学シンポジウム、2015年12月25日、総合地球環境学研究所(京都府・京都市)

覚張隆史・米田穣、酸素・Sr同位体分析に基づく藤原宮跡遺跡出土馬の産地推定、第5回 同位体環境学シンポジウム、2015年12月25日、総合地球環境学研究所(京都府・京都市)

覚張隆史、遺跡出土馬における古代DNA分析の進展、国際シンポジウム 古代東アジア 都市の馬と環境、2016年1月23日、学習院大学(東京都・豊島区)

図書

米田穣、ドメス出版、食の文化フォーラム33 野生から家畜へ(共著)、2015年、294頁(64-86頁)

覚張隆史・山崎健・降幡順子・石橋茂登・米田穣、能登印刷株式会社、藤原宮跡出土馬の研究(共著)、2016年、87頁